最新装備の車で宮崎を走る

こんにちは、カズオです。

前回は宮崎の食べ物は美味しいってことを熱く語ってましたね。

今回は、宮崎では所有していないと、外出も困難になる車について書こうと思います。ずばり、車の最新装備です。

実は、旧国道10号線沿いの戦場坂手前にあるオートバックス宮崎大塚店で聞いてきちゃいました(笑)

主に安全装備についてですよ。1つ目は、後方監視レーダーです。

ドアミラーの死角に入ってしまう車を感知してドライバーに知らせてくれるものです。進路変更の際の接触事故を回避出来ますよ。

2つ目は、横滑り防止装置です。もともとあった強いブレーキ時のタイヤロックを防ぐABSとタイヤ空転を防ぐトラクションコントロールに、アンダーステアやテールスライドを抑えるためのブレーキ介入を組み合わせたものです。

ハンドルが利かなくなるほど恐ろしいものはないですから、有り難い装備です。

3つ目は、自立自動ブレーキです。衝突の危険を感知した場合に自動で急ブレーキを掛けてくれるものです。これは比較的一般的になってきましたでしょうか。

4つ目は、サイド&カーテンエアバッグです。今の時代、運転席と助手席のエアバッグは当然ですよね。

そこで、側面の体へのダメージを軽減するサイドエアバッグと、ピラーへの衝突を防ぐカーテンエアバッグが最新の装備として出ています。

事故はないに越したことはないですが、これがあるとめっちゃ安心ですね!

自動運転はまだ出てきませんが、近い将来であることは間違いないです。どんどん便利になって、宮崎県中を安全に快適にドライブしたいものです。